卵巣のう腫とひどい生理痛 - 子宮の病気とその改善策を考える

卵巣のう腫とひどい生理痛


酷い生理痛で苦しんでいる女性も多いと思います。

生理が近づいてくると気分的に億劫になってきますよね。
それでなくてもひどい痛みで苦しんでいるのに、

卵巣のう腫にになると生理痛がひどくなると聞いたんです。

これって本当なの?気になりますよね・・・

結論からいうと、本当のようですよ。

卵巣のう腫になった場合、
これまでよりも生理痛がひどくなる可能性があると言われています。

患者さんの中には生理痛がいつもよりもひどいと思って受診したら、
実は、卵巣のう腫だったというケースもあるようです。

その痛みは人によって違ってきますが、
症状が重症の場合は激しい痛みを感じるようです。

卵巣のう腫になると、腹痛、腰痛、頻尿、便秘などが引き起こされてくるといいます。

これらの症状が併発されていると危険です。

卵巣のう腫の疑いが強いシグナルと思って差し支えないということです。

基本的に卵巣のう腫は自覚症状が乏しいということなので、発見が遅れやすいんです。

早期発見のためにもこれらの自覚症状思い当たるときは注意が必要ですよ。

生理痛が酷くなってきたら、
「今回はたまたまだから大丈夫」といったように軽く考えずに、

症状が悪化してしまう前に思い切って婦人科の門を叩いてみましょう。

それから手を打つことも可能ですから。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 子宮の病気とその改善策を考える All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます