子宮筋腫の治療方法は - 子宮の病気とその改善策を考える

子宮筋腫の治療方法は


子宮筋腫はポリープです。腫瘍です。
が、癌が悪性腫瘍なのに対して、子宮筋腫は良性の腫瘍です。

良性だからといって、安心してしまい放置しておくと大きく成長していきます。
子宮筋腫が見つかるのは、婦人科検診の癌検診であったり、妊娠の健診で見つかることが多いようですです
筋腫が見つかったときの状態や、場所、大きさなどによっては治療や処置をしない場合もあります。

基本的に、子宮筋腫の最終的治療は手術になりますから、特に妊娠中には、胎児に影響を及ぼしたり、流産の危険があるので出産するまで放置することも少なくありません。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、あまりに大きくなって痛みを伴ったり、
出血が酷かったり不妊に悩んでいたりといった何らかの障害が発症したりしない場合には、
手術が必要になるまで経過観察となることもよくあります。

その方法としては、筋腫を小さくしたり、大きくしないための薬の服用がありますが、
副作用を伴うこともあるため、漢方薬などを処方されることもあります。

先ほど子宮筋腫の最終治療は手術と述べましたが、
手術の方法は、主にお腹を切開して取り出す手術、膣から子宮を引っ張り出す手術、
膣から子宮鏡を挿入して取り出す手術、
腹部に開けた穴から腹腔鏡を挿入して取り出す手術が一般的の方法です。

この術式の方法は、筋腫の大きさや量、出来た場所などにより判断されることが多いのですが、
女性の年齢や出産経験などにより、今後の妊娠の可能性や傷が残りにくい方法を選択することもあります。

特に若い女性の場合には、できるだけ子宮を残す方法を優先した考え方で術式を選ぶことが多いのですが、筋腫の場所や症状によっては全摘出しなくてはならないこともあるようです。

子宮筋腫で悩まれている人にとっては、身体にメスを入れるかどうかは大きな決断が必要となります。
できることならメスを入れずにおきたいですよね・・・




タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 子宮の病気とその改善策を考える All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます