妊娠と出産前後の生理は? - 子宮の病気とその改善策を考える

妊娠と出産前後の生理は?


妊娠すると、生理は止まります。
一度妊娠して止まった生理は、妊娠が継続する間、出産するまでずっと止まったままです。

赤ちゃんは子宮の中で育っているのですから、そんな中に生理が来たら大変なことになりますよね。
たまに妊娠中に出血する不正出血もありますが、これは生理とはまた違います。

では、出産後の生理はいつぐらいから始まるのでしょうか?

出産をして、子宮から赤ちゃんが出たからといって、生理はすぐには来ません。
(ただ、悪露と呼ばれる出血はおこることがあります)

出産後の生理の始まりは個人差があります。
1ヶ月程度で始まる人もいれば、2年経っても始まらない人がいます。
大体の目安は、半年後とも聞きますが、個人差が非常に大きいのであくまでも目安でしかありません。

ただ、一説によると、授乳をしていない人の方が、授乳をしている人に比べると、生理再開は早いと言われています。
これは、プロラクチンというホルモンがあって、このホルモンの卵巣抑制作用の影響で起こるようです。

が、しかし、完全母乳で育てていても生理再開の早い人もいれば、遅い人もいます。
なので、やはり、その人その人の個人差によるとしか言えないようです。

ただ、気をつけておきたいのは、生理が再開していなくても、排卵が起こっている可能性があるということです。

産後、大きくなった子宮は、数週間かけて元のサイズに戻っていきますが、その間、次の妊娠の準備をしているのです。
年子でも子供がたくさんほしいというなら別ですが、そうでなければ生理の有無に関わらず、しっかりと家族計画(避妊)は心がけられたほうがよいと思われます。


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 子宮の病気とその改善策を考える All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます