私の子宮筋腫手術の体験 - 子宮の病気とその改善策を考える

私の子宮筋腫手術の体験


突然ですが…あなたは子宮筋腫で悩み困っていませんか??

は私も10数年前、子宮筋腫で悩んでいました。そのときの体験ですが、
生理のときに痛みがひどく、ものすごい量の出血に青くなっていました。
それでも手術することもできず病院通いをしながら薬でごまかしていました。

その理由は金銭的な問題もありましたが、それより年老いた夫の両親と、
育ち盛りの二人の娘の世話におわれて家を空けることができず、悶々とした日々を送っていました。

それがたたって、貧血により入院、家事どころの騒ぎではなくなりました。
まずは貧血の治療のあと、原因である子宮筋腫の手術を勧められました。
それでも体にメスを入れたくなかったこともあり、自然に治まってくれることを祈っていました。
が、ある日、

出血が止まりません!“ああ、もうだめだ”………

そして主人と相談して手術することにしました。
「こんな大きな腫瘍は始めて見た」・・お医者さんの言葉です。

やはり手術をするということは大変です。家族の心配もさることながら、
体にメスを入れるというのはあまり良いことではありません。
メスを入れずに子宮筋腫が治るのならそれにこしたことは無いと思います

もっと早く、10数年前にこの、『14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座』
にめぐり合えていたら、手術をすることもなかったのに……そう思います。

もし、あなたが、子宮筋腫で悩み困って、手術しかないのかな??と思っているのなら
この続木和子先生の「子宮筋腫改善・通信講座」マニュアルおススメします。
手術やホルモン療法をせずに、自宅で子宮筋腫を治して欲しいと思います

私は、子宮筋腫の手術をしたからわかります。女性の体はデリケートにできています。
子宮筋腫を治したいと願っている人に、私のように体に傷をつけることなく大事にして欲しい!
との思いからこのマニュアルをおススメしています。
是非こちらから ↓ 詳細を確認してみてください。

>>『14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座』<<


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 子宮の病気とその改善策を考える All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます