妊娠しやすい体づくりと産み分け - 子宮の病気とその改善策を考える

妊娠しやすい体づくりと産み分け


妊娠というのは、精子が卵子に到達しなければ受精できません。
しかし、女性の体の状態によっては、精子が卵子に到達しにくくなってしまいます。

例えば、女性が冷え性の場合、妊娠しづらくなるそうですよ。
それは、体内に入った精子の動きが鈍ってしまうからだそうです。

また、女性の体内が酸性に傾いていると、酸性の体内では、精子が弱りやすいので
妊娠しづらくなると言われています。
精子の中でも特に、Y染色体(男の子になる精子)は酸性に弱いと言われています。
これを利用して男や、女の子の産み分けも可能になると言う話しもありますよ。

体内の酸性度や冷え性を改善する方法はあるのでしょうか?
これは、食事によって、ある程度改善することが可能です。

不妊治療で食事療法を・・・と言われるのは、そういった理由からです。
また、さまざまなビタミンやミネラルの中には、卵巣の機能を整え、女性ホルモンの働きを助けるものがいくつも存在します。
そういった栄養素を含む食事を積極的に摂取することで、妊娠しやすい体づくりが可能になります。
もちろん、不妊の原因は人によって様々ですから、食事療法だけで改善するというものではありませんが、
妊娠を望むのなら母体を少しでも精子や受精卵にとって居心地良い状態にしておく必要があります。
そのためにも、身体を温めて血行を良くする食事やビタミン・ミネラルを多く含んだバランスの良い食事を心がけ、
身体を冷やす食事は控えたほうがよいと思います。
それから、肉類は身体を酸性にしますよ、ご注意を!

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 子宮の病気とその改善策を考える All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます